2016年01月01日

麓林鉄道:謹賀新年スペシャル

電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

皆さんあけましておめでとうございます。本年も麓林鉄道をよろしく、じゃなかった、今年もこども診療所をよろしくお願いします。

今年は申年。それで謹賀新年スペシャルは「サル尽くし」です。モチーフはクリスマススペシャルと同じで、シーナリーを少ない種類に絞り込みシンプルに仕上げました。でも、お正月ですから、華やかに見える工夫もしました。まずは全景から。

nyr1.jpg

nyr2.jpg

所狭しと並んでいるのはおさるさん達です。

nyr3.jpg

nyr4.jpg

2種類あります。

nyr5.jpg

これらを縮緬風の布の上に縁起よく市松模様になるよう並べました。

nyr6.jpg

黄色く見えるのはおさるさん模様のぽち袋です。

nyr7.jpg

肝腎の鉄道は、まず外回りにEF65牽引のプル−トレイン(寝台特急)。

nyr8.jpg

内回りはEF81牽引の旧国鉄型客車。EF81は北斗星などの寝台特急を牽引したことで有名ですが、このカラーはJR西日本カラー。関東では馴染みの薄い色です。

nyr9.jpg

nyr10.jpg

ご覧のように麓林鉄道久々の長編成列車で新年を祝っております。


posted by 院長の休憩室 at 01:00| Comment(0) | 私は鉄ちゃん | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

麓林鉄道:クリスマスの大惨事

電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

クリスマスの日に麓林鉄道で大事故が発生しました。

本社ヘリコプターで現場の様子をお伝えします。

事故現場が見えてきました。赤い車両が横転しているように見えます。その付近の上空に向かいます。
acc01.jpg

こちらには車両が2両見られます。1両は完全に脱線転覆しており、もう1両は線路上に残っていますが、脱線しているかどうか上空からでは確認出来ません。車両の色から脱線したのはレッドエクスプレスと思われます。
acc02.jpg

先程の脱線現場から1kmほど東に移動しました。完全に脱線した車両が2両見られます。転覆は免れたようです。やはりレッドエクスプレスのようです。
acc03.jpg

そこからさらに2kmほど北に来ました。ここにも赤い車両が脱線転覆しています。その先に落ちている黒い物体は連結器のようにも見受けられます。このように広い範囲にわたって脱線車両が散らばっているということは、列車が脱線したまま車両を引きずって走行を続けたということが考えられます。また、ここには脱線したレッドエクスプレスの横に「ひたち」の姿も見えます。
acc04.jpg

「ひたち」の先頭部分に回って見ます。2両が完全に脱線しています。しかし、先頭車両の運転席の前に他の車両が転覆していますので、こちらの列車も脱線したまま走行を続けたのだろうと思います。
acc05.jpg


「ひたち」のほうは2両が完全に脱線、1両が連結のまま線路上で脱線、2両は線路上にとどまっている模様です。とにかく特急電車2列車を巻き込んだ大事故であることは間違いありません。現場からお伝えしました。
acc06.jpg

麓林鉄道には透明なアクリル板で囲いがしてあって、車両に直接手を触れることはできないようになっています。そしてアクリル板には「さわらないでね」とお願い文が貼ってあります。でも小学校中学年ぐらいになるとアクリル板の上から手を伸ばして車両に触れることができるようになってきます。Zゲージは車輪も小さいのでちょっと触っただけでも脱線してしまい、時々このような脱線事故が起きるのですが、今回の事故は史上最悪の大事故でした。
acc07.jpg

麓林鉄道は現在脱線車両もシーナリーもすべて撤去され、謹賀新年スペシャルのお披露目を待っている状態です。
acc08.jpg

新年をお楽しみに!!!


posted by 院長の休憩室 at 14:03| Comment(0) | 私は鉄ちゃん | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

麓林鉄道:クリスマススペシャル2015

曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「」ヘンだから。
といっても毎週掲載しているわけではありません。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

鉄ちゃんというのは鉄道ファンのことです。
鉄道ファンと一言で言っても種類はさまざまで、鉄道の旅のファン、撮影のファン、鉄道用品の蒐集のファンなどなどです。

私は鉄道模型のファンで、「麓林鉄道」という模型鉄道のオーナーです。
この辺の事情はもとのブログ「こども診療所のブログ」のカテゴリ「ヤブログ鉄道模型入門」でご覧下さい。

麓林鉄道はこども診療所の待合室で毎月替わるシーナリーの中を複線運転しています。

麓林鉄道はZゲージという1/220のスケールモデルですが、シーナリーのほうはいい加減です。スケール度外視のイメージのみを追求したシーナリーです。

12月のシーナリーは「クリスマススペシャル」です。まずは全景から。といっても去年のクリスマススペシャルです。

rx01.jpg

去年からシーナリーをシンプルにしました。それまではクリスマスに関係ありそうなものだったら、これもか、これでもかと並べ立てていたのを、ずいぶんと少なくしました。

そして今年のシーナリーです。

rx1501.jpg

さらにシンプルになりました。シーナリーの種類はわずか3種類です。教会と雪だるまとモミの木(クリスマスツリー)だけです。

rx1502.jpg

種類は少ないですが、数は揃えました。モミの木が18本、雪だるまが17個です。

モミの林の中を電車が走っているように見えます。まさに麓林鉄道(山の麓の林の中を走る鉄道という意味)ですなぁ😃(自画自賛)。

rx1503.jpg

教会は一昨年のニューフェイスでしたが、昨年は登場しませんでした。2年ぶりの登場です。

rx1504.jpg

モミの木はニューフェイスで、「100均」で調達しました。白く見えるのはほこりではなく、薄緑色の小さなラメです。肉眼で見るとキラキラ輝いてとてもきれいです。

当初12本でスタートしましたが、スカスカであまり美しくなかったので6本追加したところ、まさにモミの林が完成しました。

rx1505.jpg

雪だるまはこんな表情をしています。可愛いでしょう。やはり「100均」で調達したニューフェイスです。

17個というのは中途半端な数字だと思われるでしょうが、17個買ったら売り切れになってしまったのです。つまり買い占めたわけです。

rx1506.jpg

そして最後に肝心の走行車両ですが、クリスマスということで、例年この季節にはメルクリンの列車を走らせていました。メルクリンはクリスマス貨車やら古典客車など種類が豊富なことと、クリスマスというなんかヨーロッパというイメージがあるからです。

今年はJRです。色は違いますが、両方とも485系の特急電車で、右側(外回り)はJR九州の「レッドエクスプレス」5両編成、左側(内回り)はJR東日本常磐線の「ひたち」です。現在「ひたち」は新型車両になっています。

どちらもZJゲージで、ヤフオクで調達しました。この2編成は、麓林鉄道所有車両の中で現在もっともスムーズに安定した走りを見せています。今年クリスマススペシャルに抜擢された最大の理由はそこにあります。

このレイアウトは11月の末にはすでに運転を開始していたのですが、「レッドエクスプレス」も「ひたち」も一度も故障退場したことがありません。ZJ恐るべしデス。

今週いっぱいで運転を終了し、謹賀新年スペシャルへと模様替えを行います。お楽しみに。


posted by 院長の休憩室 at 01:00| Comment(0) | 私は鉄ちゃん | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

抗菌って何だ?

henkutsu.png 世の中至るところで「抗菌」という文字が目に入りますな。

 物の本によりますと、「抗菌」というのは、「1999年に経済産業省発表の『抗菌加工製品ガイドライン』によると、一般生活用品、自動車、住宅用品等も含めた生活用品における抗菌加工は、菌やカビを殺すのではなく、抗菌加工した『当該製品の表面における細菌の増殖を抑制すること』を『抗菌』と定義しています。菌の増殖を抑制するという事は、抗菌加工のシャツでアトピーが治るとか抗菌加工靴下で水虫が治る。また抗菌まな板で切ったものは腐らない。抗菌加工のパックに入れた食品は腐らないというような、過大な効能効果はあり得ません。また、抗菌加工製品であっても手入れを怠って不潔にしていると、菌は増殖しヌメリや、臭いが発生します。」とあります。

 ということは簡単に言えば、「細菌は増殖しないけれど、細菌はそこにいる」ってことでやんしょ。だったら、抗菌加工を施した製品の表面を抗菌加工を施していない手で触れば、そこにいる細菌は手にくっついて、手で増殖するってことなんじゃないでしょうか?ちっとも安心できることじゃありませんやね。

 もっとも、増殖できない細菌はその細菌の寿命が来たら死んでしまうわけなので、次から次へと抗菌加工製品の表面に細菌がくっつかない限りは、ある程度の時間が経てばその表面には細菌がいなくなるってことなんでしょうかね。

 感染症の治療に使う抗生物質にもそういう効き方をする、つまり、増殖を抑えて細菌の寿命が来るのを待つというタイプの抗生物質があって、それを「静菌型」って呼んでます。細菌をやっつけて殺してしまうタイプの抗生物質は「殺菌型」と呼ばれます。

 経済産業省が定義した言葉だから「抗菌」なんで、厚生労働省が定義したら「静菌」ってなってたかもしれませんな。

 ま、個人で使う製品ならそれでいいかもしれませんが、「抗菌・抗菌・抗菌」ってベタベタ貼ってある地下鉄のエスカレーターのベルトはどうなんですかね。手のひらが完全に無菌状態の人っていないわけですから、次から次へと細菌がベルトの表面にくっついてきて、死んでも死んでも新しい細菌が生き残ってるんじゃないかって思っちゃいますけどね。

 それでも前期高齢者のあっしは、エスカレーターの中で転ばないようにしっかりとベルトにつかまってますけどね。あっしの手のひらからベルトに細菌がくっつくのか、ベルトからあっしの手のひらに生き残りの細菌がくっつくのか、いちいちそんなこと考えてたらそれこそエスカレーターの中ですっ転んでしまいますよ。



posted by 院長の休憩室 at 03:36| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

魚の向き

henkutsu.png つぶやきだしたら止まらない偏屈者です。

 偶然というのは恐ろしいもので、「世界で二番目事件」を掲載したとたんに、その議員さんがまた面白いことをやってくれました。

 その議員さんがツイッターに、「私の朝食」みたいな軽い気持ちで、焼いたサンマの頭を右側にしてお皿に載せた写真を投稿したんですね。(朝からサンマ食うか?)

 それで、魚は頭を左にして皿に置くものだとか何だとか、炎上とまではいかないまでも、ネットではたいぶ騒がれたらしいです。

 その議員さんはあっという間にその写真を削除してしまったらしいですけど、「世界で二番目事件」を知ってるアッシにとっちゃぁ、「あ、またか」ってなもんで、別に驚きでも何でもなかったですけどね。

 でも、やっぱ、魚の頭は左ですよね。

 下の写真は同じ画像をひっくり返しただけです。その議員さんのツイッターの写真ではありません。

samma1.JPG samma2.jpg



posted by 院長の休憩室 at 20:02| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

世界で二番目

henkutsu.png 「資格がないよ」ってことで思い出したんですが、古い話でごめんなさいよ。

 民主党が政権の座についてすぐの頃、「仕置き」じゃなかった「仕分け」ってのがありましたな。

 「仕分け」というより、何でもかんでも予算を削っちまえという作業で、まさに「仕置き」に見えましたけど、その中で「資格がないよ」の見本みたいな大事件があったのを覚えてますか?

 私にとっては大事件だったけど、世の中ではそんなに騒がれなかった「世界で二番目事件」です。

 世界一のスーパーコンピューター開発の仕分け作業の中で、ニュースキャスターだかタレントだか上がりの女性の議員(もちろん民主党)が、「世界で二番目じゃいけないんですか?」って質問しちゃったんですね。

 世界で二番目のスーパーコンピューターの開発なんて、世界中の笑いものになるし、それこそ予算をどぶに捨てるようなものです。それぐらいのことは私にだってわかります。それを平気な顔をして「世界で二番目じゃいけないんですか?」なんて、「私は無知な人間でこの場を仕切る資格はありません」って自分から公言したようなものです。

 それでもその議員さんは「仕分けの女王」みたいな態度でその後も堂々と仕分け作業を取り仕切っていましたけどね。

 大分あとになって、日本在住の韓国人の友人とその話になったとき、彼は「韓国だったら即議員辞職」って断言してました。

 その議員さんは今でも国会議員を続けてますけどね。議員さんってホントしぶといですなぁ。




posted by 院長の休憩室 at 01:00| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

巨大な微生物

rota1.jpg

これは一体なんでしょう?
縦・横・高さすべてほぼ同サイズ(6〜7cm)。
毛むくじゃらのマシュマロみたいな感じです。フワフワです。
目玉(?)がついているから生き物なんでしょうね。
いろんな角度から見てみます。

rota2.jpgrota3.jpgrota4.jpgrota6.jpgrota5.jpgrota8.jpg

なにやらタグがついてますね。
拡大してみましょう。

rota8.jpg

ROTAVIRUS(ロタウイルス)って書いてあります。
その上には、GIANT microbesって書いてあります。

rota9.png

microbesというのはこういう意味です。
つまり、Giant Microbesというのは「巨大な微生物」ということです。
この人形(?)は巨大なロタウイルスだったんですね。

ホンモノのロタウイルスの電子顕微鏡写真です。

rota7.png

ホンモノのロタウイルスの直径は約70nm(ナノメートル)。
エ〜〜〜ット? 1nmが100万分の1mmだから、計算するとこのロタちゃん人形はホンモノのロタウイルスのな、なんと100万倍の大きさです。
まさにGiant Microbes(巨大微生物)ですね。

ある講演会の講師の先生からいただきました。
多分アメリカの会社が作って販売しているんだと思います。
アメリカにはこんな会社があるんですね。

でもこんなもの一体誰が買うんでしょうかね???




posted by 院長の休憩室 at 01:00| Comment(0) | ものぐさ日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

責任の取り方

henkutsu.png 引責辞任も責任の取り方の一つですけど、別の取り方もありますよね。

 国・地方を問わず、議員が不祥事を起こしたとき、「議員を辞めるお考えは?」という記者団の質問に対して、「職責を全うすることで責任を果たして参りたい」という常套句があります。お馴染みの言葉ですよね。

 これも確かに責任の取り方ではあるけれど、これって、職責を任せられる人が使う言葉であって、不祥事を起こしちゃった人はもうすでにその職責を任せられないよ、あんたにはその資格がないよってことなんだから、やっぱり辞めるしかないんじゃないかと思うんですけどね。

 みんな辞めないねぇ。議員さんってホントしぶといですなぁ。



posted by 院長の休憩室 at 08:00| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

アクアパッツァに初挑戦

cupid.jpg  曜日は「気まぐれクッキング」の日。
 
 なぜならクッキングには「」が欠かせないから。
 
 といっても毎週掲載しているわけではありません。


 気が向いた時だけの気まぐれクッキングです。


 古いブログ(こども診療所のブログ)では、「サンデークッキング」というカテゴリで記事を掲載していましたが、このところずっと記事の更新はありませんでした。

 クッキングをしなかったのではなく、出来上がった料理の写真を撮るのが面倒で、すぐに食べてしまったからです。写真がないと証拠が残りませんからね。

 手の込んだ料理を作るわけではなく、「食材の数が少ない」「手間がかからない」「短時間でできる」の三原則に従って簡単な料理を作ります。

 というわけで、今回はアクアパッツァに初挑戦したというお話です。

 私がアクアパッツァという料理の名前と味を知ったのはほんの数年前のことです。どちらかといえば和食系、というか、居酒屋系の私にとっては、イタリア料理といえばパスタとピッツァ程度のものでした。初めてアクアパッツァを食べた後も、アクアパッツァとリゾットとパエーリアの区別もつかないような洋食(地中海料理)音痴でした。

 そんな私がなぜアクアパッツァなんか作ることになったのか?というほどのこともないのですが、私が食事当番になった時、相棒にリクエストを訊いたら即座に「アクアパッツァ」という返事が返ってきて逆らえなかったというだけの話です。

 クックパッドで「アクアパッツァの作り方」⇒「検索」。あるはあるは、あまり多すぎてどのレシピを選んでいいかわかりません。そこで「そもそもアクアパッツァとは?」ということで、ウイキペディアにお伺いを立てました。

 「ブイヨンなどを用いず、水とトマトだけ、あるいは白ワインを加えて煮込んだ魚介類のスープである。」というのがウィキペディアの答えでした?「最も古典的なアクアパッツァにはトマトやワインが入らない一方で、水、オリーブ・オイル、ニンニク、イタリアンパセリは必ず使われる」とも。

 「なぁ~んだ、それだけか。意外と簡単じゃん手(チョキ)わーい(嬉しい顔)」と思う半面、「クックパッドのあの絢爛豪華な写真はなんなんだ?ちっ(怒った顔)」とも思う。

 ともかく意外と簡単にできそうなので実行に移すことにしました。ウィキペディアには作り方まで掲載されていました。基本中の基本。これでいこうと決めました。

 そして出来上がったのが下の写真です。

aqp1.jpg

 魚はチダイ(全長約28cm)です。うろこをとったり、内臓を出したりは、スーパーでやってもらいました。これもウィキペディアに書いてあったのですが、「骨から良い出汁が出るので、切り身よりも尾頭のついた小型の魚が好まれる」のだそうです。

 基本の基本といいながら、けっこう色んなものが入っていますが、すべてウィキペディアに「好みにより○○を加えることもある」と書いてあったものだけです。それだけでもこんなに絢爛豪華になるんですね。

 ちなみに、好みにより加えたものは、アサリ、タコ、ローリエ、ケッパー、オリーブ。自分で勝手に加えたのは、アンチョビ、赤パプリカ、レモンです。他のレシピに書いてあったので。

aqp2.jpg

 白ワイン(料理に使った残り)を傾けながら、魚をつつき、フランスパンをスープに浸して食べる。

 いやぁ~!けっこうでしたねぇわーい(嬉しい顔) 

 アクアパッツァの基本の基本がわかるウィキペディアのURLはこちらです。https://ja.wikipedia.org/wiki/アクアパッツァ



posted by 院長の休憩室 at 01:00| Comment(0) | 気まぐれクッキング | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

引責辞任

henkutsu.png 東芝の不正経理で社長が次々と辞任しています。

 不祥事を起こした全社の任を一手にき受けて辞任するということで引責辞任というんでしょうね。

 ところで、2020年東京オリンピックのほうでも、新国立競技場問題やら、エンブレム問題などで、責任問題がとやかく言われています。

 組織のトップがすべての責任を一手に引き受けて辞任するのであれば、国を挙げてのオリンピックなんだし、最高責任者である内閣総理大臣の安倍晋三さんに辞めてもらうのがいいんじゃないでしょうかね。



posted by 院長の休憩室 at 00:27| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする