2017年10月05日

仲秋の名月

henkutsu.png 偏屈者でやんす。久しぶりに登場いたしやした。

 さて、ご無沙汰の挨拶は抜きにいたしやして、昨晩は仲秋の名月、八月十五夜でやしたな。
あっしも雲の合間から少しだけ眺めやしたが、夜のネット上には画像が山ほど投稿されていやした。
下のはそのうちの1枚でやんす。

moon.png

 あっしの勤め先の「こども診療所」では、毎年9月中は入口の所なんかに「お月見」ののれんを掛けたりして、10月になると「ハロウィーン」に衣替えしてたんでやすが、今年はまだ「お月見」モードです。来週あたりから「ハロウィーン」モードに衣替えでやすな。

 いろんなとこで言ってやしたが、仲秋の名月というのは八月十五夜でやすから、旧暦(太陰暦)の八月十五日の夜の月で、それが昨日だったわけでやす。仲秋の名月が10月にずれ込んだのは8年ぶりなんだそうでやすな。

 それからこれも言われてやしたが、昨日の仲秋の名月は満月じゃなかったんだそうでやすな。本当の満月は明日10月6日なんだそうでやんす。満月ってえのは、天体観測で月齢が15になったときのことでやすから、暦とは少しずれることがあってもしょうがないってもんでやすよ。

 現在使われている太陽暦はだいたい30日単位で12か月が1年。一方太陰暦はだいたい28日単位での数え方。いまのカレンダーでずれが起こるのは当たり前でやすな。それで昔はこのずれを修正するために「うるう」ってえのを使っていたわけでやすよ。今じゃ4年にいっぺんの2月29日だけでやすがね。

 時代劇とか歴史物でよく出てくる○○(たとえば寛永)何年うるう(閏)何月って奴ですな。今じゃ「うるう年」、昔は「うるう月」ってえわけでやすよ。

 偏屈者もたまにはましなことを言うといったところで、今日のところはお開きってえことにいたしやしょう。

 あ、ちょっと待っておくんなさいよ。

 話は変わりやすが、明日が満月なら、昨夜は満月前の十三夜ってえことになりやすな。十三夜ってえのは昔はそれなりに風情があると思われていたらしくて、歌にも「十三夜」という歌詞が登場してやした。

 ご存じの方は少ないと思いやすが、「包丁一本さらしに巻いて・・・」という歌詞で始まる「月の法善寺横丁」(1960年、歌手は藤島桓夫)という歌の一番で「月も未練な十三夜」と歌われてやすな。

 フッル〜イ!!
今から57年も前の歌ですよ。あっしはその頃13歳、純真で純朴な中学1年生でやしたなぁ。そういうあっしも今じゃ70歳。偏屈者というより偏屈じじいになってしまいやしたが、まだまだ偏屈を通しやすぜパンチexclamation×2


posted by 院長の休憩室 at 09:51| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

歩きスマホ

henkutsu.png 偏屈者も久しぶりに登場いたしやした。

 さて、ご無沙汰の挨拶は抜きにいたしやして、あっしの仕事場「瑞江大橋こども診療所(通称:こども診療所)」は都営地下鉄新宿線の一之江駅のすぐ近くにありやす(ホームページ参照)。

 この一之江駅では今エレベーターの新設工事をやっとりまして、工事現場にはご覧のような(下の画像)看板が掲示されておりやす。

sp1.jpg

 この看板の右のほうに歩いている女の人の姿がシルエットで描かれておりやすね。この女の人、あっしにはどう見てもスマホを操作しながら歩いているように見えるんでやんすよ。

sp2.jpg

 交通機関の構内(一之江駅もそうでやんすが)では「歩きスマホは危険です」なんてな言葉の書かれたポスターがよく目に入りやすよね。歩きスマホをやめてくれと言っている一方でこんな看板を掲げてもいいもんでやんしょかね???

 「ソンナコタドウデモイイヤンケ!」
 はい、おっしゃる通りです。 偏屈なもんで・・・。


posted by 院長の休憩室 at 18:02| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

年齢の数え方

henkutsu.png 遅ればせながら最近NHKの朝ドラ「朝が来た」にはまっておりまんのや。

 ナンデダス?

 なんでだすてあんさん、おもろいからに決まってますがな。

 ところで1月28日の放送で、中番頭の亀助はんが大番頭の雁助はんに娘の自慢話をするシーンがあり、亀助はんの口から「二歳になった」、「伝い歩きをするようになった」というようなセリフが出てましたな。
 
 それを聞いた私、さすが小児科医でんなぁ。
「え?二歳で伝い歩き?発達が遅れてるの?ビックリポンやわぁ」
すぐにぴ~んときました。
でもまたすぐに「あっそうか問題ないか」とうなづきました。

 なぜ問題ないのでしょう。ナンデダス?

 答えはこのドラマの時代背景が「明治時代」だということにおます。
年齢の数え方、現代では満年齢が当たり前ですが、明治の頃はすべて数え年だったんでおます。

 満年齢やと「オギャ~」と生まれた時が0歳、1回目の誕生日をもって1歳と数えますけどな、数え年では、生まれたとたんに1歳、その日が1月であろうと12月であろうと、次のお正月がきたらもう2歳。
誕生日ではなくお正月で年齢が増えるんでおます。

 つまり数え2歳の子の中には、前の年の大晦日に生まれた子から前の年の元日に生まれた子、満年齢でいえば0か月から明日で満2歳という子までが含まれる可能性があるゆうことなんだす。

 数え2歳で伝い歩きをする満9か月から11か月ぐらいの子がいたかてちいともおかしことあらしまへんのや。

 でもな、わても「偏屈者」と呼ばれる男だす。最後に偏屈なこと言うて終わりにしますわ。

 もしも亀助はんの娘が前の年の元日生まれやって、ドラマのシーンが明くる年の大晦日の出来事やったら、その子は翌日の元旦で数え3歳、満2歳になるんでおます。
 それやったらやっぱ遅れてんのんとちゃいますか?

 いやいやそんなことあらしまへん。
 もし亀助はんの娘の発達がほんまに遅れとったら、亀助はん、あないに嬉しそうに娘の自慢話しますかいな。遅れとるどころかむしろ早いぐらいやさかい、あないに喜んではるに決まってますがな。

 ほなサイナラ。


posted by 院長の休憩室 at 14:34| Comment(1) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

抗菌って何だ?

henkutsu.png 世の中至るところで「抗菌」という文字が目に入りますな。

 物の本によりますと、「抗菌」というのは、「1999年に経済産業省発表の『抗菌加工製品ガイドライン』によると、一般生活用品、自動車、住宅用品等も含めた生活用品における抗菌加工は、菌やカビを殺すのではなく、抗菌加工した『当該製品の表面における細菌の増殖を抑制すること』を『抗菌』と定義しています。菌の増殖を抑制するという事は、抗菌加工のシャツでアトピーが治るとか抗菌加工靴下で水虫が治る。また抗菌まな板で切ったものは腐らない。抗菌加工のパックに入れた食品は腐らないというような、過大な効能効果はあり得ません。また、抗菌加工製品であっても手入れを怠って不潔にしていると、菌は増殖しヌメリや、臭いが発生します。」とあります。

 ということは簡単に言えば、「細菌は増殖しないけれど、細菌はそこにいる」ってことでやんしょ。だったら、抗菌加工を施した製品の表面を抗菌加工を施していない手で触れば、そこにいる細菌は手にくっついて、手で増殖するってことなんじゃないでしょうか?ちっとも安心できることじゃありませんやね。

 もっとも、増殖できない細菌はその細菌の寿命が来たら死んでしまうわけなので、次から次へと抗菌加工製品の表面に細菌がくっつかない限りは、ある程度の時間が経てばその表面には細菌がいなくなるってことなんでしょうかね。

 感染症の治療に使う抗生物質にもそういう効き方をする、つまり、増殖を抑えて細菌の寿命が来るのを待つというタイプの抗生物質があって、それを「静菌型」って呼んでます。細菌をやっつけて殺してしまうタイプの抗生物質は「殺菌型」と呼ばれます。

 経済産業省が定義した言葉だから「抗菌」なんで、厚生労働省が定義したら「静菌」ってなってたかもしれませんな。

 ま、個人で使う製品ならそれでいいかもしれませんが、「抗菌・抗菌・抗菌」ってベタベタ貼ってある地下鉄のエスカレーターのベルトはどうなんですかね。手のひらが完全に無菌状態の人っていないわけですから、次から次へと細菌がベルトの表面にくっついてきて、死んでも死んでも新しい細菌が生き残ってるんじゃないかって思っちゃいますけどね。

 それでも前期高齢者のあっしは、エスカレーターの中で転ばないようにしっかりとベルトにつかまってますけどね。あっしの手のひらからベルトに細菌がくっつくのか、ベルトからあっしの手のひらに生き残りの細菌がくっつくのか、いちいちそんなこと考えてたらそれこそエスカレーターの中ですっ転んでしまいますよ。



posted by 院長の休憩室 at 03:36| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

魚の向き

henkutsu.png つぶやきだしたら止まらない偏屈者です。

 偶然というのは恐ろしいもので、「世界で二番目事件」を掲載したとたんに、その議員さんがまた面白いことをやってくれました。

 その議員さんがツイッターに、「私の朝食」みたいな軽い気持ちで、焼いたサンマの頭を右側にしてお皿に載せた写真を投稿したんですね。(朝からサンマ食うか?)

 それで、魚は頭を左にして皿に置くものだとか何だとか、炎上とまではいかないまでも、ネットではたいぶ騒がれたらしいです。

 その議員さんはあっという間にその写真を削除してしまったらしいですけど、「世界で二番目事件」を知ってるアッシにとっちゃぁ、「あ、またか」ってなもんで、別に驚きでも何でもなかったですけどね。

 でも、やっぱ、魚の頭は左ですよね。

 下の写真は同じ画像をひっくり返しただけです。その議員さんのツイッターの写真ではありません。

samma1.JPG samma2.jpg



posted by 院長の休憩室 at 20:02| Comment(0) | 偏屈者のつぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。