2017年09月06日

麓林鉄道:お月見スペシャル

電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

moon10.jpg

猛暑と長雨の8月も終わり、風の涼しさに秋を感じるようになりました。
澄んだ秋の夜空に月が映える季節でもあります。
上の画像は無料のイラストサイトから一番気に入ったものをダウンロードしたのですが、「何かちょっと違う」って気しませんか。
下の画像と見比べてみてください。

moon11.jpg

こちらは写真です。
写真全体は合成かもしれませんが、月自体は撮影したものだと思います。
こちらは見慣れた月ですね。
そうです。イラストの月は左右逆、裏返しのうさぎさんなんですね。

ま、それはそれとして、9月の麓林鉄道は「お月見スペシャル」です。
今年の八月十五夜(仲秋の名月)は10月4日なんだそうですが、それもそれとして、とにかく「お月見スペシャル」です。

moon01.jpg

例によってまずは全景から。
レイアウトは変わっていません。
イラストの月も出ています。
左半分はこんもりとした森みたいです。右半分はグリーンの固まりがあります。

moon02.jpg

左半分は、森の木陰でどんじゃらほい。幔幕をはって、大盃を前に置き、上機嫌でお月見をするうさぎでした。

moon04.jpg

大盃の絵柄も、「月に跳ねるうさぎ」と凝ってますね。

moon03.jpg

お月見ですから、列車が新幹線ではミスマッチですね。
やはり昭和。昭和といえばブルートレイン、懐かしの寝台特急です。

moon05.jpg

右半分は山(のつもり)です。一応トンネルもあります。
高さの少し違う小さな瓶をいくつか並べて、その上に緑色の端切れをかぶせただけで、とてもお粗末な山ですが・・・。

moon06.jpg

このアングルから見てみると、「山の端に月は輝き・・・」ってなムードになりませんか?

moon07.jpg

走る列車はやはり昭和。SL列車です。

moon08.jpg

ブルートレインを牽引するのはEF66型電気機関車。

moon09.jpg

SL列車を牽引するのはC11型蒸気機関車です。

狭いスペースに無理矢理押し込んだレイアウトなので、列車の振動でレールの位置がずれて壁に衝突したり、やはり振動で高架橋の位置がずれて列車が接触して停まってしまったりと、メンテナンスはけっこう大変ですが、プチ電車シリーズは元気に走ってくれています。

電池の消耗が意外と早く、電池代のランニングコストもけっこう大変です。


posted by 院長の休憩室 at 11:13| Comment(0) | 私は鉄ちゃん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください