2014年10月14日

残り物クッキング:牛肉焼きそば

cupid.jpg 曜日は「気まぐれクッキング」の日。
 
 なぜならクッキングには「」が欠かせないから。
 
 といっても毎週掲載しているわけではありません。


 気が向いた時だけの気まぐれクッキングです。


 古いブログ(こども診療所のブログ)では、「サンデークッキング」というカテゴリで記事を掲載していましたが、このところずっと記事の更新はありませんでした。

 クッキングをしなかったのではなく、出来上がった料理の写真を撮るのが面倒で、すぐに食べてしまったからです。写真がないと証拠が残りませんからね。

 手の込んだ料理を作るわけではなく、「食材の数が少ない」「手間がかからない」「短時間でできる」の三原則に従って簡単な料理を作ります。

 その中でも冷蔵庫の残り物だけで作る「残り物クッキング」というのは、レシピを探す楽しみと出来上がった料理がおいしかった時の喜びとで、けっこう気に入ってます。

 今日の残り物クッキングは「牛肉焼きそば」です。

gyu1.jpg

 選ばれた食材です。牛肉は近くのスーパーの安売りのときに買って冷凍しておいたものなので、正確には残り物とは言えないかもしれません。焼きそばは2玉ですが、メーカーが違います。以前に焼きそばを作った時の残りを冷凍してあったものです。

 「牛肉 焼きそば 卵 レシピ」で検索します。この食材はわりとありきたりですから、候補は山ほど出てきます。やはり「クックパッド」が多いですね。
 検索のコツは「こんな組合せあるわけないよ」というような食材の組み合わせで検索することです。候補も少ないですし、意外な料理に出くわすこともあり楽しいですよ。

 写真の下のURLをクリックするとオリジナルレシピのサイトにリンクします。

gyu2.jpg
http://cookpad.com/recipe/print/1506202?page_type=2

 目玉焼きはオリジナルレシピにはありませんでしたが、インドネシアの「ナシゴレン」にはよく目玉焼きが載ってくるので、私が勝手に付け加えました。
 たれのラー油も勝手に食べるラー油に変えました。以前の餃子では失敗でしたが、この焼きそばでは正解だったと思います。
 どちらも大成功!でした。

 焼きそば2玉、一気においしくいただきました。





posted by 院長の休憩室 at 18:00| Comment(3) | 気まぐれクッキング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


       幕内 晴朗
       harumack@kitatamahospital.or.jp

      松永 仁
       Hitoshi Matsunaga
Posted by kappe at 2019年11月24日 01:49

       幕内 晴朗
       harumack@kitatamahospital.or.jp

      松永 仁
       hayasish@sepia.ocn.ne.jp
Posted by kappe at 2019年11月24日 01:52
田邊けい子 様

ご丁寧なメールをありがとうございます。
お返事が遅れましたことお詫び申し上げます。
お送りいただいたメールアドレスは閉院後ほとんど使っていないためにチェックが遅れました。

本当に長いお付き合いでしたね。お子さん方お二人とも元気に成長なさって何よりです。
特に暁美さんは私と同じ世界に入られご活躍とのこと大変嬉しく思います。
暁美さんの性格からは、明るくて楽しい、患者さんが笑顔になるような看護師に成長していくものと信じています。
光君はこれから自分の道を切り開いていくわけで、健闘をお祈りいたします。

こども診療所は現在私の知り合いで船堀のほうで開業していた千葉先生が引っ越してきて、内科・小児科で診療をしています。
親切丁寧でとてもいい先生ですよ。
早口で聞き取りにくいのが難点ですが、私の所にかかっていたとおっしゃるともっと親切にしてくれるらしいです。

私はお陰様で元気にしております。
しばらくブラブラしておりましたが、今は週に2日ほど、医学部の同級生が院長をやっている病院の小児科で外来の手伝いをしています。
東大小児科の後輩が二人も働いていて仕事はとても楽です。

ご家族皆様ご健勝にお過ごしになられますようお祈り申し上げます。

岡本 曉
Posted by at 2019年11月26日 17:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。