2017年06月03日

麓林鉄道:ケロちゃんコロちゃんスペシャル

電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

6月の麓林鉄道は「おめえへそねーじゃねーか」で有名なコルゲンコーワのケロちゃんとコロちゃんです。

keko1.JPG
右がケロちゃん、左がコロちゃんです。

keko2.JPG
ケロちゃんはまつげがあって、目は左向き、ちょっとおちょぼ口(?)です。

keko3.JPG
コロちゃんにはまつげがなく、目は右向き、カエルの大口です。

keko4.JPG
ケロちゃんコロちゃんにはサイズが2つあって、小さいサイズのケロちゃんにはまつげがありません。
でも目の向きと口の大きさは大きいサイズと同じです。

keko5.jpg
その他にもおなかのところに「KERO」と「KORO」が浮き彫りにされています。
芸が細かいですね。

keko6.JPG
さていよいよケロちゃんコロちゃんスペシャルの全景です。

keko7.JPG
前列中央の2匹はコルゲンではありません。
ヤフオクで見つけたカエルの王子様とお姫様です。どちらが王子様でどちらがお姫様かはわかりません。

keko8.JPG
走る列車は5月と同じ485系の特急電車です。
6月いっぱい走ります。でも最近上沼垂カラーが不調なので最後まで走れるかちょっと不安です。

それにしてもこんなにたくさんカエルがいて雨ばっかり降ったら困りますよね。
keko9.JPG
でも大丈夫!
待合室にはちゃんとテルテル坊主も飾ってあります。



posted by 院長の休憩室 at 13:27| Comment(0) | 私は鉄ちゃん | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

聖母マリアの服の色

ちょっとガッカリした「大エルミタージュ美術館展」でしたが、私にとっては一つの発見がありました。

大エルミタージュ美術館展では何世紀にもわたる様々な画家達の作品を展示していましたから、「受胎告知」や「聖母子像」も数点ずつ展示されていました。
それらを順番に見ているうちに、聖母マリアの着ている服の色がほとんど赤で、ブルーのマントをかぶっていることに気づいたのです。
当たり前のことなのかもしれませんが、私には新しい発見でした。
無意識のうちに「ああ、これがマリアなんだ」と思い込んでいたようです。

それで「画像検索サイト」を見てみると、確かに赤とブルーがほとんどでした。

maria.jpg

早速その理由を検索 ・・・

『聖母マリアに限らず、聖書やキリスト教に関連する宗教画・絵画には、約束事として、特定の聖人や登場人物に密接に結びつけられた持ち物や小道具、背景や添え物が描かれる。これをアトリビュート(attribute)という。持物(じぶつ)とも呼ばれる。
聖母マリアのアトリビュート(attribute)としては、天の真実を意味する青色のマント(ヴェール)、純潔の象徴としての白百合(おしべのないユリの花)、神の慈愛を表す赤色の衣服が代表例として挙げられ、聖母マリアの象徴として数多くの西洋画に描かれている。』(http://www.art-library.com/bible/attribute-virgin-mary.htmlより)

だそうです。

最後に「聖母子の画家」として有名なラファエロの作品の一つをどうぞ

raf.jpg
posted by 院長の休憩室 at 08:00| Comment(0) | ものぐさ日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

美術館でランチ(ミュシャ展)

六本木にある2つの美術館で大きな展覧会が開かれています。

一つは国立新美術館で開催されている「ミュシャ展」、もう一つは森美術館で開催されている「大エルミタージュ美術館展」です。

1日で両方見てしまおうという計画を立てました。「ミュシャ展」を見て、ランチを食べて、「大エルミタージュ美術館展」を見ようという計画で、まずは国立新美術館に向かいました。

美術館についてまず目に入ったのは「入場まで2時間待ち」という貼り紙です。
即予定を変更して六本木ヒルズの森美術館に向かいました。
こちらは「入場まで約20分」。これならいいやと館内へ。

ところがどこにも行列はありません。
早い話が、美術館の入口からチケット売り場まで歩く時間と、52階まで昇るエレベーターの順番待ちの時間を合わせると20分かかるということなんですね。

森美術館へは初めての訪問でした。エレベーターを降りると周辺の景色がよく見えました。
その中に今素通りしてきた国立新美術館もありました。
mu01.JPG
「へぇ〜、こんな形してたんだ!」

展覧会を見終わった感想は・・・?
「すいてるわけだよね」

エルミタージュというと、金銀財宝・貴重な美術品の数々を思い浮かべますが、展示されていた作品はルネッサンスから世紀末の時代までのそれほど有名ではない画家達の作品でした。
「大エルミタージュ」というにはちょっとお粗末だと感じたのは私が美術に関してド素人だからでしょうか?

少し気落ちした心を抱えて再び国立新美術館へ!
やはり「入場まで2時間待ち」。行列は美術館の建物の外まで延々と続いています。
それではとまずは腹ごしらえ。
美術館の中にはポール・ボキューズのレストランがあり、大分昔に一度ランチを食べたことがあります。
mu02.JPG

mu03.JPG

mu04.JPG

mu05.JPG
この日のランチです。
デザートのブリュレはお勧めです。もちろんビーフのワイン煮もおいしかったです。

そしていよいよミュシャ展です。
ランチが終わったときはすでに午後4時を過ぎていて待ち時間は1時間と短くなっていました。

mu08.JPG

1時間並んで辿り着いた入口前に掲げられた大きな垂れ幕。展示された作品の実物大だそうです。

この展覧会で驚いたのは、写真撮影を許された展示室があったことです。
初めての経験でした。
自分で撮影した写真です。

mu06.JPG

mu07.JPG

ミュシャというとクリムトなどと並んで世紀末のポスター的な描写だけかと思っていましたが、故郷であるチェコ(スラブ)への思いが強く、この大作「スラブ叙事詩」を描いたのですね。
どの作品も皆一辺5メートルはあろうかという壁画みたいな作品ばかりでした。

偶然とはいえ、ミュシャ展があとになってよかったと思いました。
当初の予定通り「大エルミタージュ美術館展」が最後だったら・・・・・・。
「それは言わない約束よ」

とても満たされた思いで家路へと就きました。


posted by 院長の休憩室 at 10:35| Comment(0) | ものぐさ日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。